パツパツにならないサイズ感がポイント

2020年5月22日 | からpim8p2 | ファイル: 未分類.

お腹周りが気になる方がスカートで選びがちなのが、ゆったりした大きいサイズのレディースファッションプリーツスカートやギャザースカートなど体のラインを拾わないボトムだと思うのですが、これは余計に太って見えるので逆効果です。
特にロング丈にすると気になるお腹周りの広がりをそのまま広げる形で足元までシルエットを作ってしまうので、お腹が気になっていることを逆にアピールする形になってしまいます。

おススメの大きいサイズの専門通販店なのがフレアースカートやティアードスカートでプリーツなどがないタイプ。
これにすっきりしたトップスを合わせると全体のシルエットがXの形になってお腹がすっきりして見えます。
またボックスタイプのスカートやタイトスカートを選ぶときは素材が大切。なるべく厚手で体の線を拾わないものを選び、お腹周りにしわが入らないような余裕のある素材をチョイス。
トップスをロング丈やボリュームのあるものにして下半身に目がいかないようにすると、細見えが叶います。

また、パンツを選ぶときはお腹がきついからといってローライズタイプにするのはNG。かといって、単純な股上が大きく取られただけのハイライズはかえってお腹が目立ってしまいます。
ベルト部分が太目でギリギリお腹を隠してくれる高さ、大きいサイズのルームウェアは家では楽でスーパーやコンビニに行ける余裕をもった作りのパンツがおすすめです。
また筒部分にセンタープレスが入っていると脚が長く見えたり脚長効果があってよりすっきりとして見えます。


コメントは締め切りました。